メインメニュー


HOME > 情報セキュリティ基本方針

情報セキュリティ基本方針

制定2013年 4月 1日

株式会社  セイリング

代表取締役 早川 裕之

株式会社セイリング(以下、「当社」といいます)は、企業理念に基づき、当社におけるすべての情報資産に対する機密性、完全性、可用性の確保・向上に努め、情報資産をあらゆる脅威から守り、継続的・安定的な事業運営を資すため、情報セキュリティ基本方針を策定し、これを以下の通り実施いたします。

  1. 法令尊守
    当社は、情報セキュリティに関する各種法令、国が定める指針およびその他規範を遵守します。
  2. 情報セキュリティ管理体制の確立
    当社は、情報セキュリティ管理体制を整備し、役割と責任者を明確にし、運用、維持改善に努めます。
  3. 情報セキュリティ規程の制定
    当社は、情報セキュリティ対策を講じるにあたり、遵守すべき行為および判断などの基準を統一的に定めるため、必要となる基本的な要件を明記した情報セキュリティ規程を制定します。
  4. 情報セキュリティ対策の実施
    当社は、情報資産に応じた適切な情報セキュリティ対策を実施することで、情報セキュリティ事故の発生予防に努めます。また万一の事故発生に対しては、早期復旧と再発防止に努めます。
  5. 教育、訓練の実施
    当社は、経営者、従業員に対して、情報セキュリティの重要性を認識させ、情報資産が適正に利用されるよう、教育・訓練を実施します。
  6. 継続的な改善
    当社は、本方針および情報セキュリティ規程が遵守されていることを確認するため、定期的に情報セキュリティ対策実施状況を評価し、継続的な改善を図ります。
  7. 本基本方針違反に対する措置
    情報セキュリティ規程および手順に従わない場合は、就業規則に定められている懲戒規定、または契約に基づき処罰する。重大な違反である場合には、解雇または法的措置を講ずる。

ページ上部へ